侍を語る記

史跡と人物をリンクさせるブログ

土浦城 その1(茨城県土浦市)

茨城県土浦市中央1丁目 亀城公園

土浦城太鼓櫓門f:id:shinsaku1234t501:20170226011716j:image西尾忠照が楼門を正門とし、朽木稙綱が太鼓櫓門に改築して現存。

土浦城太鼓櫓門f:id:shinsaku1234t501:20170226024629j:image

【歴代城主一覧】

平将門という説があるが、裏付ける史料はない。

若泉三郎(小田氏家臣)が永享年間(1429〜1441)に築城したことが文献で確認できる。

若泉五郎右衛門

菅谷勝貞が、永正13年(1516)、同じ小田氏家臣の若泉五郎右衛門を襲撃して攻略した。

信太範貞

菅谷政貞

菅谷範政は、天正18年(1590)の小田原征伐において北条氏に属したため、佐竹氏・徳川氏などの攻撃を受けて落城した。

結城秀康は、徳川家康の関東移封に伴って結城城を本拠としながら、土浦城も領する。(城代 は多賀谷村広や本多左門など)

藤井松平信一は、慶長6年(1601)、結城秀康が越前北ノ庄に移封されると同時に、3万5千石で入封した。

藤井松平信吉の代に4万石に加増された。

西尾忠永は、元和3年(1617)、藤井松平信吉が上野高崎に移封されると同時に、2万石で入封した。

西尾忠照は、東櫓・西櫓を建築して楼門を正門とした。

朽木稙綱は、慶安2年(1649)、西尾忠照が駿河田中に移封されると同時に、3万石で入封した。

朽木稙昌は、城塀を瓦葺きにし、正門を太鼓櫓門に改築した。

土屋数直は、寛文9年(1669)、朽木稙昌が丹波福知山に移封されると同時に、4万5千石で入封した。

土屋政直は、家督相続3年足らずで駿河田中に移封した。

大河内松平信興は、天和2年(1682)、土屋政直が駿河田中に移封されると同時に、入封した。

土屋政直、貞享4年(1687)、大河内松平信興大坂城代に就任すると同時に、6万5千石で再入封した。

土屋陳直は、森沖新田・下沼新田などの開発や城下町の拡大をおこなった。

土屋篤直は、安永5年(1776)に死去した。

土屋寿直は、篤直の長男で、安永6年(1777)、家督相続わずか7ヶ月にして17歳で死去した。

土屋泰直は、篤直の次男で、異母兄寿直の養子として家督相続し、農政改革をおこなった。

土屋英直は、藩政改革をおこなう一方、土浦城内に稽古所(藩校 郁文館)を設置した。

土屋寛直は、文化8年(1811)、15歳で死去した。

土屋彦直

土屋寅直は、徳川斉昭に倣った藩政改革をおこなった。

土屋挙直は、明治2年(1869)の版籍奉還で土浦藩知事に任じられ、明治4年(1871)、廃藩置県で知藩事を免官ののち、内務省御用掛兼勧農局事務取扱役として下総牧羊場に勤務した。

 土浦城太鼓櫓門f:id:shinsaku1234t501:20170226024725j:image