侍を語る記

史跡と人物をリンクさせるブログ

武功の兄弟、茶を末代に伝えんとす その1

天正10年(1582)6月2日、泉州堺を出発した徳川家康一行は京都を目指すが、茶屋四郎次郎から本能寺の変報を受けて、一路三河への脱出を敢行することになる。この時、山城宇治在住の上林久茂(かんばやしひさもち)なる者が、家康一行を手引きしたとされる。

そもそも、この上林家は清和源氏赤井家より発した家流である。赤井秀家が足利尊氏のもとで功を立てたことにより丹波何鹿郡上林庄(現 京都府綾部市)を賜り、室町時代には若狭との国境に上林城を築城したとされる。その後、上林氏忠、もしくはその嫡男である加賀守久重の代に山城宇治に移住して、茶の栽培を生業とすることになる。

その久重の長男、久茂(久徳)は織田信長豊臣秀吉と時代の覇者に歴仕していくことになる。宇治茶の最大の庇護者であった室町幕府の滅亡後、信長に仕えた久茂は、天正5年(1577)、謀反を起こした松永久秀を討つために軍を進める信長軍を信貴山城まで道案内するなどの功により知行を賜る。茶の湯に精通していた久秀との関係は定かではないが、全くの無関係ではなかろう。また、天正15年(1587)の北野大茶会で使用されたのが上林家の製茶「極上」であった。さらに天正17年(1589)には、豊臣秀吉より知行390石を賜って御茶頭取に任じられる。

一方、四男の政重はどういうわけか、徳川家康に招かれ、元亀2年(1571)に三河岡崎土呂郷の奉行に任じられ、三河茶の栽培に関わることになる。

愛知県岡崎市福岡町 土呂三八市碑f:id:shinsaku1234t501:20190308211418j:imageいつ頃から政重が家康と昵懇の間柄にあったのか定かではないが、織田信長と家康の同盟関係を背景と考えれば、信長の引き合わせという可能性かもしれない。

そして、家康の関東移封にあたって、その命により宇治に帰郷して製茶業を営む。家康の命令による帰郷となると茶屋四郎次郎と同様、家康に上方の情勢を伝える立場にあったとも考えられる。

冒頭に戻るが、本能寺の変直後、宇治において家康の危急を知った久茂は、近江信楽の多羅尾家までの道中案内を買って出たのであろう。久茂にとって家康は亡き信長の盟友であり、末弟政重の主君でもある。助けることに何の不思議もなかっただろうが、これが上林家の運が開ける第一歩であった。

奇しくも、江戸初期から中期まで上林家が宇治代官職を世襲したのち、幕末には多羅尾家が同職を務めることになる。そういう意味では、上林家と多羅尾家は地理的なことも含め、旧知の間柄にあったのかもしれない。

京都府宇治市宇治妙楽 京都銀行宇治支店 宇治代官所跡碑f:id:shinsaku1234t501:20190308211141j:image

寛永寺(東京都台東区)

東京都台東区上野桜木

寛永寺円頓院そのものについては語るまでもない。西の比叡山に倣って、東の比叡山ということで東叡山と号す。往時36箇所あった子院は19箇所現存する。
もとは藤堂高虎(伊勢津32万3千石)や津軽信枚(陸奥鷹岡4万7千石)、堀直寄(越後村上10万石)らの下屋敷があった地であり、藤堂の領国である伊賀上野に因んで、「上野」という地名になったとの説がある。将軍徳川秀忠の求めに応じて藤堂らがこの屋敷地を返上したことに始まり、南光坊天海が現在の東京国立博物館の地に薬師如来像を祀る本坊を建立したのが寛永2年(1625)、それゆえの寛永寺である。開基は当時の将軍 徳川家光であり、開山は天海である。

さらに、寛永8年(1631)には清水寺を模した清水観音堂や五重塔、堀直寄寄進の大仏などが建立された。また、水谷勝隆(常陸下館3万2千石)が不忍池の真ん中に島を造ると、天海が琵琶湖竹生島宝厳寺から弁財天を勧請して弁天堂を建立した。

これらの所縁から上野恩賜公園内には南光坊天海毛髪塔があり、寛永寺子院の一つ、寒松院のものとして東京都恩賜上野動物園内に藤堂高虎一族の墓地が存在する。

東京都恩賜上野動物園 寒松院藤堂家墓地f:id:shinsaku1234t501:20170606222447j:image幕末の慶応4年(1868)には徳川慶喜江戸城を出て寛永寺本堂裏手にある書院に謹慎し、彰義隊と新政府軍の間に起きた上野戦争で伽藍はほぼ焼失した。

その隙に脱出した寛永寺貫主 輪王寺宮公現法親王(のちの北白川宮能久親王)は、幕府脱走軍として仙台藩に身を寄せ、一時は奥羽越列藩同盟の盟主に推戴されるが、仙台藩とともに降伏後、京都の実家である伏見宮家で蟄居に処せられた。

慶応4年に限って言えば、寛永寺は歴史の大きな舞台そのものであった。絶対恭順の意を示す慶喜、一矢報いんとする彰義隊、朝廷の出身でありながら新政府軍に抵抗する立場になった輪王寺宮、わずかな期間にさまざまな歴史が交錯したと言える。

また、寛永寺子院の現龍院から少し離れた場所にある「殉死之墓」に立ち入れば、三代将軍家光の死に殉じた三枝守恵・堀田正盛阿部重次・内田正信の墓があり、現龍院の開基でもある稲葉正成(春日局の元夫)の墓もある。

現龍院殉死之墓 三枝守恵墓f:id:shinsaku1234t501:20170606224201j:image現龍院殉死之墓 堀田正盛f:id:shinsaku1234t501:20170606222706j:image現龍院殉死之墓 阿部重次f:id:shinsaku1234t501:20170606222738j:image現龍院殉死之墓 内田正信墓f:id:shinsaku1234t501:20170606222811j:image現龍院殉死之墓 稲葉正成f:id:shinsaku1234t501:20170606222530j:image

演出の忠臣蔵と本音の赤穂事件 その8

その後、世論を巻き込んで湧き上がった旧赤穂家臣への同情論のさなか、佐藤直方(朱子学者)や太宰春台(朱子学者)、荻生徂徠柳沢吉保家臣)らが処罰論を展開したのは有名である。

それらに共通するのは、浅野長矩切腹に処せられた直接の罪状は吉良義央に斬りつけた私怨ではなく、殿中で抜刀のみならず刃傷にまで及んだ不調法にあるとの主張である。なおかつ、浅野に切腹を命じたのが幕府である以上、本来の仇は幕府であるにも関わらず吉良邸を襲撃するのはお門違いと論じた点にある。

但し、処罰を巡っては温度差が見られる。佐藤直方と太宰春台らが浅野長矩や旧赤穂家臣の所業をいささか感情的なまでに全否定したのに比べ、荻生徂徠情状酌量を示しながらも法に基づいた処罰を主張した。下記に示した通り、幕府の体面と上杉家の主張する厳罰論を汲んだ「刑罰」である一方、旧赤穂家臣には侍としての礼としつつ、世論には忠義を不朽とするための「賜死」という二面性を持たせている。批判と同情の議論渦巻く中で、絶妙な落としどころを模索した感がある。

「義は己を潔くするの道にして法は天下の規矩也。礼を以て心を制し義を以て事を制す、今四十六士、其の主の為に讐を報ずるは、是侍たる者の恥を知る也。己を潔くする道にして其の事は義なりと雖も、其の党に限る事なれば畢竟は私の論也。其の所以のものは、元是長矩、殿中を憚らず其の罪に処せられしを、またぞろ吉良氏を以て仇と為し、公儀の免許もなきに騒動を企てる事、法に於いて許さざる所也。今四十六士の罪を決せしめ、侍の礼を以て切腹に処せらるるものならば、上杉家の願も空しからずして、彼等が忠義を軽せざるの道理、尤も公論と云ふべし。若し私論を以て公論を害せば、此れ以後天下の法は立つべからず」(徂徠擬律書)

東京都港区高輪1丁目 大石良雄外十六人忠烈の跡(肥後熊本細川家高輪下屋敷の庭園で切腹がおこなわれた)f:id:shinsaku1234t501:20190129233119j:image確かに、後世の我々でさえこの切腹を「賜りし武士の名誉」とか「散り際の美」などと膨らませがちだが、実は裁きの末の極刑という側面を忘れてはいけない。実際、彼らの家族までもが連座のため配流された事実から見ても、これは名誉というよりもむしろ刑罰と解釈すべきであろう。

最後に、下の写真は茨城県笠間市の笠間城址にある大石良雄像であるが、当の本人は銅像にしてもらうような人物になるよりも、「昼行灯」のままでいたかったのではないか、と切に思う。

茨城県笠間市笠間 佐白山麓公園 大石良雄f:id:shinsaku1234t501:20181231200211j:image

演出の忠臣蔵と本音の赤穂事件 その7

そして、大石自身、何もなければ平穏な人生を歩めたはずが、赤穂藩に、しかも家老の家柄に、いやもっと言えば武士に生まれてしまった自分の人生をどこか悔やむような思いがあったのではないか。

東京都港区高輪 萬松山泉岳寺 大石良雄f:id:shinsaku1234t501:20190129115444j:image「あらたのし 思ひは晴るる 身は捨つる 浮世の月に かかる雲なし」

本懐を遂げたことで全てが吹っ切れたかのように解釈されがちな大石の辞世の句だが、どこか自身の転変した生き様を嘲笑するような屈折した思いを感じる。また、本懐を遂げたことで背負ってきた荷物を降ろしたような安堵の思いといずれ死にゆく身を並列したことから察するに、生と死を見つめた形跡が窺える。実際には彼の心に「かかる雲なし」と言えるほど晴れ晴れとした思いはなかったのではないか。

別れた妻子、おそらく生まれたであろう末子(のちの大石良恭)、愛妾おかるとやはりまだ生まれていない子、まだ若い身の上で自分と同じく切腹を迎える嫡男主税良金、ともに戦った同志たち、どれをとっても未練と哀惜は尽きない。だからこそ「かかる雲なし」とうそぶいたのかもしれない。

東京都港区高輪 萬松山泉岳寺 大石良金墓f:id:shinsaku1234t501:20190129120027j:imageそういう意味では、もう一つの辞世と伝わる次の句のほうがシンプルな表現である。

「極楽の 道はひとすぢ 君ともに 阿弥陀をそへて 四十八人」

こんにちの我々は演出に彩られた忠臣蔵を通して赤穂事件を知るところが多く、「武士とは何ぞや」という漠然としたイメージを「忠義」や「切腹」という点描で考えがちである。実際、これらのキーワードがその後のこの国における精神・思想分野に多大なる影響を与えたことは言うまでもない。

しかし、真逆の視点で見た場合、この一件は「忠義」に名を借りた騒擾事件でしかない。また、それが将軍お膝元の江戸でおこなわれたとあっては町奉行所、ひいては幕府がその面目にかけて許すわけにはいかない。

演出の忠臣蔵と本音の赤穂事件 その6

五十人にも満たない兵力で挑む、この戦いをことさら有利に展開するため、彼らはさまざまな演出を凝らしていた可能性がある。近隣邸・部外者に対しては、討ち入りの挨拶・火気の始末など、実にあっぱれな仕儀を見せ、結果的に旧赤穂家臣に寄せる同情や人気は世論さえも動かしつつあった。

一方、吉良邸内での旧赤穂家臣はあまつさえ寝込みを襲い、弓の弦を切断して無抵抗に追い込み、離れの建物には外から雨戸を打ちつけて閉じ込める、一人の敵を多勢で取り囲む、眠りから飛び起きた吉良方がほぼ丸腰なのに対して旧赤穂家臣は鎖帷子まで着込んでいるなど、およそ我々のイメージする武士道に適ったとは言い難いほどの手段を使ってまでの必勝体制である。しかし、これも無理はない。旧赤穂藩士の正々堂々たる討ち入りという建前よりも、千載一遇のチャンスを逃すことなく吉良の首級を挙げることにのみ主眼が置かれていた紛れも無い証拠である。戦国時代の合戦のように敵軍を総崩れに追い込めばいいというものではなく、たった1人の仇敵の首を挙げなければ成功にならないのが仇討ちである。

ただ、こうまでして挑んだ旧赤穂家臣を忠臣と言うならば、この乱戦の中で主君吉良義央のために闘って斃れた小林央通・清水一学・須藤与一右衛門・鳥居正次らもまた忠臣と呼ぶべきだろう。

東京都中野区上高田4丁目 龍寶山萬昌院功運寺 吉良家忠臣供養塔f:id:shinsaku1234t501:20181231195121j:image特に山吉盛侍の場合、元来は上杉綱憲の家臣でありながら義周(上杉綱憲次男)が養子縁組で吉良家に入った時に扈従してきた小姓でしかない。彼の主君は厳密には義周であって義央ではないのだが、義周を守護するためにも吉良家臣として闘わざるを得なかった。顔に深傷を負った山吉は、事件後に改易となって信州諏訪へ配流となった義周に最後まで付き従い、その死を看取る。これぞある意味、忠臣蔵と言えよう。

さて、夜明け前に夜着のまま引きすえられた吉良義央を前にして、大石の胸中にあったものは何か。もちろん、騒動の一方の当事者であるため恨みもあったとは思うが、幕府からなまじお咎めなしとされたため、このような生き恥・死に恥を晒した吉良への一抹の同情だったかもしれない。

東京都墨田区両国 吉良邸址 吉良上野介首洗い井戸f:id:shinsaku1234t501:20170606211819j:image

演出の忠臣蔵と本音の赤穂事件 その5

しかし、浅野長広を擁したお家再興が潰えた時、彼の中から一抹の期待さえもが奪われた。生への執着を捨てなければならない決断の瞬間でもある。元筆頭家老として、また同志盟約の長として、もっとも避けたかった方向に進まざるをえない。筆舌に尽くしがたい思いがあったことだろう。「これで後顧の憂いなく討ち入りに踏み切れる」と勇躍したようには思えない。

その後、神文返しをして同志の気持ちを試したとされる一件があるが、様々な事情や立場から討ち入りの覚悟が揺らぐ者を仲間に加えれば、討ち入り前に情報が漏れたり、血気にはやってぶち壊しになる恐れがある。あえて偽りをぶつけて慎重に人を見極める作業と伝わる。

これも見方によっては、「事情が許さない者を無理やりに巻き込みたくない」という配慮と解釈することもできる。大石自身、同志盟約の長として16歳の長男主税を同志に加えざるをえない立場にあるが、巻き添えを最小限にしたい気持ちは一人の親として当然あったと思われる。まさにその対極にある例として、矢頭長助が17歳の長男 右衛門七に同志加盟を遺言してこの世を去ったことが挙げられる。

本来、江戸時代において仇討ちが公的に認められた例は、父母や兄など尊属に関する案件のみが対象とされ、妻子弟妹などの卑属や他人(友人や主君)の場合は認められていない。即ち、内匠頭の仇討ちには義務も権利も存在しない。にもかかわらず、世論の昂まりと同志の勢いに翻弄され、引きずられてきたのは大石だったとさえ言える。冷静に考えた時、赤穂旧臣の討ち入りは公的にも、法的にも合致したものではなく、単なる暴動として処罰、もしくは鎮圧される恐れさえある。そんな結果のために、家族まで巻き込んで苦しい生活に甘んじる必要があるだろうか。前途ある若者を犠牲にする必要があるだろうか。

実際、改易から討ち入りまでの期間においてほとんどの旧赤穂家臣は逼迫した生活を余儀なく強いられた。無理もない。支配層に属していた武士がひとたび浪人となれば、そんなに器用に市井で通用するはずがない。一部、商才や技能を持ち合わせた者だけがうまく世の中に溶け込んだだけである。討ち入りだけを願って困窮に耐える旧臣たちに死に場所を与えるのも、このまま市井で平穏に生きる道を選ばせるのも、大石にとっては討ち入り前の大事な作業だったような気がする。

それを経て「やらざるをえない」という引きずられるような思いから「敢然とやるしかない」という不退転の決意で臨んだ大石は、将軍お膝元の江戸市中で一大決戦に臨むことになる。

東京都墨田区両国3丁目 墨田区立本所松坂町公園 吉良邸址f:id:shinsaku1234t501:20180612215854j:image

演出の忠臣蔵と本音の赤穂事件 その4

冷静に考えれば、将軍生母桂昌院の栄誉に関わる式典という場所柄もわきまえず、主君浅野長矩が刃傷に及んだ以上、将軍家の怒りは尤もであり、お家再興など極めて難しい。

願わくば、長矩の弟、長広が小さくでもお家を残すことさえできれば、これ幸いである。たとえ小禄でもお家が再興すれば、そうそう簡単に討ち入るわけにはいかなくなる。それが叶いさえすれば、長広を支える家老の道もある一方、隠居して長矩の菩提を弔う後半生を送ることもできる。大石の心境としては、血気にはやって討ち入りを叫ぶ急進派を見るにつけ、その純粋さ(悪く言えば単純さ)が危うくもあり、うらやましくもあったに違いない。

京都府京都市山科区西野山桜ノ馬場町 神遊山岩屋寺 大石良雄君隠棲舊址碑f:id:shinsaku1234t501:20170705184101j:imageそこで、池田久右衛門と称して山科閑居中の遊興三昧に溺れていく。巷間で取り沙汰されるような世間の目をごまかすための仮の姿ではなく、本当に酒と娯楽、女性が好きで楽しいことだけを追求したというのが真相ではなかろうか。もちろん、煩わしさも忘れたかった。「できるなら、このまま時が過ぎてほしい」という本音さえあったのではないか。そのほうがはるかに人間味を感じるというものである。ひょっとしたら、遠くない将来に討ち入りをしなければならない覚悟や不安から、「今を楽しんでおきたい」というような刹那の思いがあったかもしれない。

しかし、ここで一つの疑問が生じる。討ち入りにおける自身の死の可能性や親族の連座などを想定して妻理玖と離縁しながら、女中のおかるとの間に子を成したという事実である。もし全てが世間を欺くための策略と言うならば、類が及ばないように妻子を遠ざける一方で、愛妾が身籠もるという矛盾をどう説明すべきか。そもそも妻理玖も離縁当時、身籠っていた。離縁した後の寂しさや虚しさをおかるに求めた結果の妊娠なのか。策略よりも、むしろ大石の人間の尾を見る感じがする。

確かに、当時の伏見奉行 建部政宇が吉良の遠縁ということもあり、吉良方の警戒を解くために偽りの遊興生活を演じる必要性はあったかもしれない。実際、この策略説は江戸時代からまことしやかに伝わっていた。

「内藏助もとより志厚く智深ければ、これより妻をも出し、親族にもはなれ、京山科のほとりに閑居し、いささかも武を講ずるさまはなさず。日夜倡家に出入し、酒に沈酔し、ひたすら無頼の淫行をあらはし、報讐の志などあるべくもなくふるまひしかば、吉良が方にも初こそあれ、この風説を聞つたへ、さては心安しとて、戒心もをのずからおこたりしとなり。」                                 (徳川実紀 常憲院殿御實紀 巻四十六)

赤穂事件から百年を経た文化6年(1809)に起稿した「徳川実紀」でさえ、この説を取り上げている。ひょっとしたら、徳川家の正史という位置付けであるこの歴史書でさえ歌舞伎など脚色された巷説の影響を受けたのかもしれない。

しかし、こんにちに至ってはこれらの巷説がエスカレートするに及んで吉良・上杉や柳沢の間者が大石の命を付け狙うというハードボイルドな話にまで発展する。赤穂事件が忠臣蔵というチャンバラ活劇に置き換えられる所以である。