侍を語る記

史跡と人物をリンクさせるブログ

豊臣家臣団 その13

もう少し史料などを参考にしながら、戦場が関ヶ原になった経緯を紹介する。

●「大垣は城塁壮固、兵食皆足る。秀家少しと雖も暗者に非ざるなり。而して義弘・行長・正家・吉隆、心を一にし力を戮せて持重して出でず。これを攻むれば必ず我が兵を損ぜん。独り三成、軽んじて衆を恃む。若しこれを外に誘出して、秀秋・秀元をしてその後を撓さしめば、則ち一戦にして鏖にすべきなり。我れ且く軍を動かし以てこれを試みん」(日本外史

西軍諸将は大垣籠城を唱えているが、三成をターゲットにして大垣城から誘い出せば、松尾山城から小早川秀秋の参戦、南宮山の毛利秀元の不参戦などで西軍の作戦を崩せば皆殺しにできる、と家康は目論んでいた。

一方の三成も同日の軍議で語っている。万が一、大垣城に籠城して野戦で雌雄を決することをしなかったら、せっかく西軍に同心してくれている諸国の士の落胆を誘う。小牧合戦において秀吉が戦うべきを戦わなかったがために、家康が名声を手に入れたことを考えれば、その過ちを再び繰り返してよいものか。

而して坐ながら孤城を守り、敢て出で戦はずんば、天下の我を望む者、皆沮喪せん。往年、小牧の役に太閤過慮し、当に戦ふべくして戦はず。終に内府の名を成す。今豈に過を弐びすべけんや」(日本外史

家康は、三成の虚栄心、もしくは戦術よりも建前や正義を重んじる性格を突く策に出たと言っていい。さらに、三成が小牧合戦を秀吉の一大失策と捉えていたことがよく分かる。これで、家康・三成両者が野戦を望んでいたと考えられる。

●西軍としては東軍よりも先回りして移動せざるを得ないので、赤坂岡山本陣を襲撃をしている場合ではない。逆を言えば東軍からすれば襲撃されなくて済む。

●本当に佐和山城を攻撃するつもりならば、東軍のほうが早くに移動を開始していなければおかしい。にもかかわらず、家康が午前2時まで全軍に移動命令を発しなかったのは、大垣城に残る者、野戦に動員された西軍諸将の布陣などを可能な限り情報収集するためと考えるのが自然だろう。

●西軍が一番避けなければいけないことは、東軍が近江を経て京大坂に接近することである。そして、近江の入口に佐和山城がある。三成の居城が攻略されたら西軍の士気に関わる。そうなれば、佐和山の手前で東軍の進路を塞ぐしかない。

大垣から西の佐和山へ繋がる道筋と西北の北国街道へ通じる道筋を重点的に固めてくるはずであることは、家康でなくても容易に推察できる。この2つの街道筋を同時に制することができる地は、すなわち関ヶ原から垂井にかけての一帯に絞られる。

●家康にとって、14日は吉川広家福原広俊の連名で毛利家不参戦の起請文が出されただけでなく、福原と粟屋就光から家康に人質を提出する約束が成立した。また、小早川秀秋には2ヶ国加増を約束した日でもある。決戦が延びれば心変わりが生じる恐れがある。西軍に裏工作の時間を与えないためにも、早期に戦端を開きたい焦りにも似た事情がある。

●若い頃から野戦の名手と謳われた家康としては、大垣・佐和山・水口と個々の攻城戦を演じて疲弊しながら西進するよりも、得意の野戦で勝利できれば、その後は圧倒的優位で降伏開城を前提とした外交戦に持ち込める。

●上記各項を総合すると、三成らが俄かに大垣城を捨てるかのように慌ただしく出陣した辻褄が合う。また、家康が遅れて移動したことにも説得力がある。

岐阜県大垣市郭町 大垣城天守f:id:shinsaku1234t501:20170918011445j:image佐和山城攻撃計画が全くの偽情報とは言えないが、少なくとも家康が西軍を大垣城から引きずり出すための方便だとしても、結果的には極めて有効だったと言えよう。

そして、東軍を近江の手前で迎撃する観点からすれば、西軍が迎撃するのは関ヶ原一帯しか残されていないのである。木曽川に始まった戦線の度重なる後退の結果であり、もはや戦術というほどでもない。

豊臣家臣団 その12

西軍の軍議において岡山本陣の襲撃が取り沙汰されていることを知ってか知らずか、家康は三成の居城 佐和山城の攻撃を決定する。不思議なことに、東軍によるこの佐和山城攻撃計画がいち早く三成の耳に入り、午後7時には大垣城を出陣することになる。いわば、尾張への進軍を諦め、合渡川合戦で退却を決断し、家康本陣の夜襲を却下した三成が、やっと決戦の覚悟を決めた瞬間と言える。

家康は西軍の移動を見極めたかのように午前2時になってようやく全軍移動を命じた。福島ら諸将は大垣城からの攻撃に注意しながら移動を開始し、家康自身も1時間後の午前3時に岡山を発し、午前6時頃に桃配山に布陣した。

岐阜県大垣市赤坂町 徳川家康勝山本陣址 関ヶ原合戦慰霊碑f:id:shinsaku1234t501:20170914105732j:imageそれにしても、佐和山城攻撃計画が敵方の三成に漏れたのが早すぎる。普通に考えて、このような大事な作戦内容が敵に筒抜けになることすらおかしい。

杭瀬川合戦は時間が定かではないが、夕刻と伝わる。そして、三成が大垣城を出立するのが午後7時頃である。わずか数時間の中で大垣城に情報が伝わり、軍議が開かれて移動開始を決定したことになる。

ちょうど、西北の関ヶ原に聳える松尾山城には小早川秀秋が布陣している。おそらく大垣城の後詰という目的であろう。そこで、西軍は松尾山から北に連なる山裾に沿って東を向いた布陣を完成させる。

大垣は今でも「水都」と呼ばれる低地帯であり、北西部の一部を除いたほぼ全域が海抜3〜6メートルしかない。大垣城で籠城するなら方法もあるが、野戦を展開するのであれば、折からの雨で水を含んだ低地は適さない。西軍は佐和山の手前で東軍を食い止める意味も含め、まさに大垣の北西にあたる関ヶ原一帯に布陣を完成させる。

岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原 天満神社 宇喜多秀家陣跡説明板f:id:shinsaku1234t501:20170914132113j:image三成は関ヶ原への移動途中に、長束正家の陣に立ち寄り、おそらく最終打ち合わせをしたのだろう。安国寺恵瓊とも打ち合わせに及んでいるが、果たして吉川広家福原広俊らの東軍内通などを本当に知らなかったのだろうか。俗にいう「空弁当」のエピソードが伝わる以上、この時点では毛利秀元吉川広家の不参戦は三成・恵瓊の知るところではなかったと考えたほうが無理がない。もし、何かしらの情報が入っていたら毛利秀元と面談する必要か生じていたに違いない。

松尾山麓では小早川秀秋の家老 平岡頼勝と面談し、秀秋の関白就任を直接約束したらしい。山麓で面談したということは後述するが、小早川の陣は山上ではなく、山麓にあったという説に繋がる。

さらに、盟友 大谷吉隆とも打ち合わせをおこなって、三成自身が笹尾山に布陣したのは午前1時頃であった。

この間にも、赤坂岡山の家康本陣には美濃曽根城主 西尾光教などから西軍の移動状況についての情報が続々と伝わっていたと思われる。

考えるに、三成ら西軍が午後7時から移動を始めたのに対し、家康が全軍移動命令を発したのが翌日の午前2時である。この7時間という時間差は東軍が堂々と進軍を開始するために必要だったと考えられる。

それは、西軍諸将の関ヶ原付近における布陣をある程度把握するための情報収集に徹した時間かもしれない。

また、大垣城に残った西軍勢力が移動する東軍を襲撃しないかを見極める時間だったとも考えられる。

そして、東軍が関ヶ原に布陣するということは、毛利秀元吉川広家安国寺恵瓊長宗我部盛親長束正家らの陣よりも奥に進むことになる。この時間の中で毛利の不参戦が担保されたからこそ移動を決断できた可能性もある。

豊臣家臣団 その11

8月23日、大垣城から岐阜城への援軍が出撃した場合に備えて後詰していた黒田長政藤堂高虎田中吉政らが岐阜城下に到着すると、もはや落城の様相を呈していた。

岐阜県岐阜市金華山天守岐阜城復興天守f:id:shinsaku1234t501:20170918011737j:imageそこで、手柄を求める彼らは独断で大垣城目指して進軍を開始した。そして、大垣城東方の合渡川付近で西軍らしき軍勢を確認した諸将は直ちに軍議を開いたが、連日の豪雨で増水した川の渡河を巡って議論がなかなか決しなかった。

その時、藤堂が黒田隊の後藤基次に諮問したところ、「軍議で無駄に時を費やすよりも、内府に面目を立てんとするなら討ち死を覚悟するのが本懐である」と返答をした。ここでも1人の人物の言葉が戦局を変えた。

こうして、合渡川合戦は後藤又兵衛が一番槍で濁流を渡河し、前野忠康(舞兵庫)率いる三成隊を駆逐した。墨俣に陣していた島津義弘は兵を整えて横合いから攻撃を加えれば勝てると力説したが、三成はこの意見を退けて大垣城へ退却する。

「義弘曰く、前軍敗ると雖も、吾と子と兵を整へ横撃せば則ち勝たんと。三成曰く、敵兵鋭進す。岐阜蓋し陥るならん。吾れ已に援くる能はず。何ぞ新勝の鋒に当るべけんやと。敗兵を収めて、倶に大垣に還る。」(日本外史

特に「吾れ已に援くる能はず」という表現に注目すれば、「三成が岐阜城を救援するのは無理だ」と匙を投げている、一矢を報いようともしていない、弱気な様子が見て取れる。その結果、戦勝の余勢を買った黒田隊を先頭に大垣城西北の赤坂まで進み、岡山(関ヶ原の勝利にちなんで、のち勝山と改称)を占拠した。翌日、岐阜城の東軍主力も赤坂周辺に布陣した。

同時期に大垣城に到着した宇喜多秀家が、赤坂の東軍陣地の夜襲を提案するが、やはり三成が却下する。西軍が全勢力を結集してから決戦に及ぶべしと言う理由だが、その頃には東軍も家康以下全軍が結集する可能性がある。「三成は年上、私は年下、年上と対立することはしないが、その代わり後悔はしないように」と、宇喜多の恨み節が垣間見える。

我が軍尽く至らば、則ち敵軍も亦た尽く至らん。勝其れ決すべけんや。然りと雖も、子は老輩の言を称す。吾は後生なり。敢て違はず。唯々子、これを悔ゆるなかれ」(日本外史

これらの勝報を得た家康は、愛妾お梶の方(関ヶ原の勝利にちなんで、のちお勝の方と改名)を同道して9月1日に江戸城を出陣、同14日昼頃に美濃赤坂の岡山に到着した。とうとう家康と合流した東軍の勢いは西軍の動揺を誘い、一部では兵の逃亡も発生した。そこで、西軍の士気低下を怖れた嶋清興は三成の許可を得て一戦を試みたのである。

同日夕刻、左近の手勢が赤坂の手前で刈田を仕掛けたところ、東軍の中村一栄と有馬豊氏らが杭瀬川付近まで深追いしてきた。このタイミングで一色村に潜んでいた伏兵が襲いかかり、作戦通り宇喜多秀家隊の明石守重も襲撃に加わった。結局、家康の命を受けた井伊直政本多忠勝らが出撃して殿軍として退却を完了したものの、中村一栄の家老 野一色助義はじめ40名ほどが戦死した。こうして、嶋左近の鬼謀が轟いた杭瀬川合戦は西軍が勝利した。

この直後の軍議において左近と島津義弘小西行長らは、赤坂岡山の家康本陣に対する夜襲を提案したが、三成によって却下された。さきの合渡川合戦における退却といい、今回の夜襲却下にも納得がいかない島津義弘は、いよいよ翌日の本戦における不参戦の覚悟を固め、またしても三成の勇の無さが左近の策を退けたことになる。

俗に「治部少(三成)に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」と謳われた左近であるが、これは単に左近が有能な人物であると言うだけでなく、その有能な人物を十二分に使いこなせていない三成への皮肉でもあり、献策を受け入れてもらえないにも関わらず、その三成に惜しみない忠義を尽くして死んでいった左近を惜しむ言葉にも聞こえる。

なお、巷で有名な三成が左近を破格の石高で招聘したというエピソードは、実は三成がまだ秀吉の小姓だった頃に知行5百石全てを投げ打って渡辺勘兵衛を雇った実話がベースと考えられる創作の可能性がある。普通に考えて、後から仕官してきた左近が三成の知行の半分で雇われたとなれば、古参の重臣が不愉快になるというものである。美談のように見えて、実はお家騒動の原因にもなりかねない。

豊臣家臣団 その10

こうして、家康が武断派を上手く自陣営に取り込み、三成ら文治派への憎悪の念を利用した結果、村越直吉の一言に奮起した東軍は、8月21日に上流隊と下流隊の二手に分かれて清洲城を出陣することになった。

池田照政・その実弟羽柴長吉(のちの池田長吉)浅野幸長山内一豊一柳直盛ら上流隊1万8千人は、8月22日明け方に河田の渡しで織田秀信隊と前哨戦を演じたのちに小屋場島で陣を整え、同日昼頃、さらに木曽川を渡った米野で石田三成からの援軍を含む織田隊との決戦に勝利、東南から岐阜城を目指して進軍した。

岐阜県各務原市川島笠田町6丁目 小屋場島の陣跡碑(池田照政・山内一豊ら東軍の木曽川渡河直前の陣地)f:id:shinsaku1234t501:20170911220919j:image米野の後方に布陣していた秀信は急ぎ退却して岐阜城に籠城した。秀信とは、亡き信忠の嫡男として清洲会議で織田家の家督相続者と位置づけられた三法師、その人である。当然、豊臣秀吉には大恩がある。

しかし、一方では家老の木造具康が「公、右府の嫡孫を以て、顧つて豊臣氏の家奴に役せらるるか」(日本外史)と再三に亘って西軍への同心、すなわち豊臣家の風下に就くことを反対していた。

岐阜県各務原市川島町 米野の戦い跡碑f:id:shinsaku1234t501:20170914101201j:image一方の下流隊は福島正則・長岡忠興・黒田長政加藤嘉明藤堂高虎京極高知井伊直政本多忠勝ら1万6千人で構成され、河田の渡しよりもはるか下流の加賀野井から渡河、8月22日午前8時から午後4時ぐらいまでかけて杉浦重勝の籠る竹ヶ鼻城を攻略した。その後、西南方向から岐阜城に迫ったが、すでに岐阜城下に入っている池田・浅野らの隊に追いつくための夜間強行軍だったようで、長岡忠興などは馬上で湯漬けを食したという。

岐阜城下に到着すると、池田照政ら上流隊に出し抜かれた怒りをぶつけた福島が池田に対して刀に手をかけるほどの喧嘩を始め、長岡や加藤嘉明らが必死に止めに入る場面すらあった。家康からの目付として従軍していた井伊直政本多忠勝らの心労は察して余りあるだろう。

こうして岐阜城下に集結した東軍は、8月23日、たった一日にして岐阜城を攻略した。落城寸前に自害しようとしていた織田秀信を説得して思いとどまらせたのは池田照政であり、その戦いぶりを賞賛し、自らの武功と引き換えに家康に助命嘆願したのは福島正則高野山まで送り届けたのは浅野幸長であった。

秀信は岐阜城下で剃髪の上で高野山蟄居となったが、信長と対立した過去を持つ高野山側としては、その孫を受け入れるのにはかなりの抵抗があり、入山はできたものの周囲の冷ややかな対応に耐え切れず、5年後に下山した直後、麓の村で生涯を終えたというのは誠に気の毒である。

往時、織田信秀・信長の二代に亘り斎藤氏を斃して攻略するまでにかなりの年月を要した岐阜城は、信長の孫の代になったら一日で陥落した。攻め手の中に岐阜城を熟知している旧城主 池田照政がいるという具体的な理由もあるが、東軍の勢いが優っていたと見るべきか、各方面に散らばるあまり岐阜城を全面的に応援できなかった西軍の事情があるのか、およそ天下分け目とは思えないあっけない前哨戦である。

豊臣家臣団 その9

8月19日、家康の命で村越直吉が清洲城に到着した。江戸城に腰を落ち着けて出陣する気配すらない家康に不満を抱く諸将からの抗議に対して「敵方と戦端を開けば、江戸を出馬するだろう」と言い放った。

「茂助申し候は、御出馬有るまじくにてはなく候えども、各々手出しなく、故に御出馬なく候う。手出しさえあらば、急速に御出馬にて候わんと申しければ、福島扇をひろげ、茂助が面を二三度仰ぎ、御尤もの御掟、やがて手出しをつかまつり、注進申し上ぐべしと申され候よし。」(慶長年中卜斎記)

「一先ず手合わせの一戦し、敵味方手きれの証拠をきつと見せられ候はば、悦び思し召すべく候」(関原始末記)

かつて秀吉から引き抜きを受け、のちには老中格にまで出世する村越だが、一つ間違えれば東軍諸将の怒りを買わないとも限らない挑発的な言葉である。

東軍は家康という最大の実力者を擁してはいるものの、その実は豊臣恩顧がかなりの割合を占めている外様大名の混成部隊である。村越はその事実に配慮するどころか、戦う姿勢を見せない諸将を「家康は信用していない」と露骨に言ってしまった。家康があの手この手で諸将を繋ぎ止めているのとは真逆の言葉である。

果たして家康が村越に託した言葉なのか、それとも沸き立つ清洲城内の雰囲気を受けて咄嗟に口を突いて出た村越の方便なのかは分からないが、もし家康が言わせた言葉ならば、承久の乱において出陣する鎌倉武士を前にした北条政子の檄を彷彿とさせる。この時も、鎌倉武士の中には朝廷を敵にすることに躊躇を覚える者が少なくなかった。

そもそも「敵味方手切れの証拠を見せろ」とまで強気な態度に出られるのには理由がある。前述の通り、会津上杉征伐からの一貫した流れの中で討伐目標が変更しただけで、今でも東軍は秀頼を擁した軍勢なのである。「西軍と戦わないのは(秀頼に対する)不忠であり、家康はそんな不忠者を信用できない」というロジックが成立するのである。こういう狡猾な部分が、後世家康の嫌われる所以と思われるが、一方で巧みな政治力と評価することもできる。

こうして、まさに火がついた東軍は木曽川を渡河した勢いそのまま、8月23日には岐阜城を攻略した。このワンシーンに登場した村越の一言が、膠着していた戦線を劇的に変えたと言っても過言ではない。東軍諸将は家康の幕下のつもりだったのだろうが、一転して秀頼を奉じた家康に与力する自覚を強くした。さらに、西軍に勝つというよりも、東軍の中で諸将が手柄を競う状況まで発生したのである。

俯瞰して見ると、家康が戦ったのは関ヶ原本戦だけである。それまでの前哨戦は全て東軍諸将及び濃尾の地元衆の活躍によるものである。村越のエピソードも含め、家康の武将の使い方が際立った結果でもある。

美濃の地図において岐阜城を中央とすれば、西には西軍主力が屯集する大垣城、東には尾張に入り込む形で犬山城がある。その岐阜城を中央突破した東軍は西の大垣城に肉迫する。

残る犬山城も援軍を出すことすらできず岐阜落城を見届けるしかなかった。その後、東軍の攻撃を受けると、稲葉貞通稲葉典通稲葉方通加藤貞泰関一政竹中重門ら西軍の援軍として籠城していた美濃衆が、こぞって東軍の井伊直政に内通を申し出た。孤立した城主 石川貞清はやむなく開城し、関ヶ原の本戦では宇喜多秀家隊の一翼を担った。

愛知県犬山市犬山北古巻 犬山城天守f:id:shinsaku1234t501:20170918001156j:image

豊臣家臣団 その8

「打倒三成」を合言葉に熱量を帯びた東軍に引き換え、密かに家康に通じる増田長盛・いきがかりで西軍に属すことになった島津義弘・家中分裂の後味が悪い宇喜多秀家・一族の意見統一が図られない毛利輝元、調略の手が深く入り込んだ小早川秀秋(のちの小早川秀詮)など、西軍には東軍の比にならないほどのマイナス要因が内蔵されていた。

もちろん、山城伏見城合戦以降、伊勢松坂城・丹後田辺城・伊勢安濃津城・近江大津城など前哨戦において軍勢が各地に分散するあまり、連絡の不徹底や準備が整わない状況があったことは否めない。とても、三成だけに責任転嫁はできない。

西軍としては当初、福島正則の居城 清洲城まで飲み込み、三河との国境を戦場とする策であったが、なにせ東軍は下野近辺から全くの無傷で進軍してきたこともあり意気揚々である。犬山城は確保できたものの、清洲城代 大崎長行が家中の意見を統一して籠城の構えを見せたことで尾張に橋頭堡を築くことができなかった西軍は、木曽川を挟んだ美濃で東軍を待ち受けるしかなかった。「関ヶ原の勝利は大崎宇右衛門(玄蕃允)が清洲城を丈夫に持った手柄にある」とは、家康がのちのちまで語った言葉である。

愛知県清須市清洲古城 清洲古城公園 清洲古城趾碑f:id:shinsaku1234t501:20170718003932j:imageその昔、承久の乱において木曽川を挟んで迎撃した朝廷方が敗れた故事にもあるように、複数の隊が川の上流・中流下流のいたる所から同時渡河を敢行した場合、迎撃する側は戦線が伸びきって軍勢が細分化する対応を迫られる。「吾妻鏡」を愛読していた家康なら承久の乱の渡河戦に学んで、川を渡る側に利があることを知っていた可能性は十分にある。

8月14日、清洲城に集結した東軍諸将の中で福島正則・池田照政・山内一豊一柳直盛織田有楽斎・生駒一正・生駒宗直(のちの生駒利豊)小坂雄長兼松正吉森可政森可成の弟)などは、いずれも尾張出身者である。

愛知県江南市小折町八反畑 宝頂山墓地 手前の石廟が生駒利豊墓、奥の石廟が正室(遠山友政女)墓f:id:shinsaku1234t501:20170921092841j:image中でも生駒宗直の場合、美濃岐阜城織田秀信は従兄弟である信忠の子にあたる。当然、姻戚の縁を頼って岐阜城から西軍への同心要請が再三に亘ってあったが、それよりも先に清洲城福島正則会津上杉征伐に出陣する際に小折城に立ち寄り、きたるべき時の同心を約束した事実もあり、東軍同心の姿勢を貫いた。

また、森可政は木曽川に面した尾張葉栗郡の蓮台城出身であり、一柳直盛(尾張黒田城主)と兼松正吉(尾張島村城主)も木曽川にほど近い地を領していた。おのずと地の利がある。

愛知県一宮市木曽川町黒田字古城 黒田城址f:id:shinsaku1234t501:20170929203738j:imageその証拠に、いち早く8月16日に清洲城を出陣した東軍の別働隊(尾張赤目城の横井時泰・美濃松ノ木城の徳永寿昌・美濃今尾城の市橋長勝ら)は、大垣以西に分布する西軍と伊勢方面の遮断のために福束城・高須城などを攻略して、南濃方面を崩した。

もちろん、西軍にも美濃の小領主が多数いたが、東軍の尾張・美濃衆が別働隊として局地戦を巧みに展開したのに対し、西軍の美濃衆は後詰、もしくは与力のような形に置かれ、およそ活躍が見られなかったと言える。

後述するが、西軍が尾張はともかく木曽川から大垣、さらに関ヶ原と戦線を徐々に後退していった背景の一つとして、両軍の地元衆の動きにかなりの差があると考えられる。

豊臣家臣団 その7

また、三成は督戦という形で伏見城攻撃に姿を現しただけで、丹後田辺城・伊勢松坂城・同安濃津城・近江大津城などの攻城戦には関わっていない。そこには重要な共通点があるように思われる。

伏見城鳥居元忠はじめ家康家臣が相手であるが、他の城はいずれも豊臣恩顧が相手である。そのせいか、松坂城以外は降伏開城となったものの、城主を血祭りにはしていない。

三重県松阪市殿町 松坂城f:id:shinsaku1234t501:20170911120548j:image丹後田辺城の長岡藤孝は、東軍の長岡忠興の父である。籠城の末、勅命に従って開城し、西軍の前田茂勝前田玄以嫡男)に迎えられ、丹波亀山城に移った。

伊勢安濃津城の富田信高分部光嘉らは、高野山青巌寺の元住職 木食応其の仲介で開城勧告に応じたのち、高野山に蟄居した。

三重県津市丸之内 津城天守f:id:shinsaku1234t501:20170914130246j:image近江大津城の京極高次は、東軍の京極高知の兄である。当初は西軍であったが、東軍に寝返って籠城した。これも木食応其の仲介で開城勧告に応じたのち、高野山に蟄居した。

福島正則の居城 清洲城にしても、城明け渡しを要求しただけで軍勢すら向けていない。

徳川家の伏見城を力ずくで落城に追い込んで梟首までおこなったのに比べて、豊臣恩顧の城には明らかに寛大、いや腰の引けた対応である。特に京極高次の場合、西軍から東軍に寝返って籠城したこともあるので、処刑、もしくは切腹に値すると思うが、蟄居で赦されている。それもこれも、豊臣恩顧を敵に回したくない気持ちの表れなのか。

もちろん、攻城に直接関与していないので、三成の意思によるかどうかも定かではないが、開城の条件がしっかりと遵守された感はある。

よくよく考えると、東軍の武断派諸将が三成を襲撃するほど憎んでいたのに対し、三成は関ヶ原合戦終結まで不思議なほどに豊臣恩顧の武将を害していない。同じ豊臣家臣団としてどこかで寝返ってくれることを最後の最後まで期待していたのであろうか。

ともかくも、東軍との決戦を前に、これらの地方戦を長引かせるのは西軍としては得策ではない。降伏させることができれば御の字という部分はある。

しかし、歴史的結果として丹後田辺城の戦いでは小野木重次・前田茂勝ら、近江大津城の攻城戦では、毛利元康・立花宗茂筑紫広門らを釘付けにして関ヶ原への合流を許さなかった点において、西軍の勢力を削ぐに十分な効果があった。

京都府京都市左京区田中門前町 長徳山功徳院百萬遍知恩寺 鳥居元忠f:id:shinsaku1234t501:20170831011827j:image